Home > サービス - 資産有効活用 > 不動産投資コンサルティング

Serviceサービス

不動産投資コンサルティング

不動産による資産形成

ロイヤル(管理会社)だから出来る不動産投資のご提案

相続税増税、年金など社会的制度への不安により、安定した資産運用の投資先の1つとして 不動産投資が選ばれています。

これから不動産購入を始めようとする投資家はもちろんですが、不動産の売却を行い新たな物件(投資先)を検討される投資家もいます。

そこで気を付けたい事は、目に見える情報だけに惑わされずに正しい情報を持って物件(投資先) を選んでいく事が益々重要になってきています。

ひとつ例をあげると、現況賃料と実質賃料の見極めがあげられます。 以下のケースをご覧下さい。

入居者Aは15年前の新築当時からの入居者です。
新築時は最新鋭のマンションで月額賃料は15万円でした。
社宅扱いで会社名義で借りていた事もあったせいか更新を迎えても 同条件での更新をしていた為、15年経過した現在でも月額賃料は 新築当時のままでした。

投資家Bは年間収入180万円(15万円×12ヶ月)表面利回りで6%だった この物件を3000万円で購入する事に決めました。
「(この物件を購入した)ローンの返済が年間130万円だから、年間で約50万円 のキャッシュフローが見込めるな・・・」との考えからでした。

1年後、社宅制度の廃止に伴い入居者が退居する事になってしまいました。
不動産会社に募集の相談をすると、月額賃料12万円がこの物件の適正賃料 である事が判明しました。
年間収入は144万円まで下がり当初の資金計画から僅か1年で下方修正せざるを 得ませんでした。

このような失敗をしない為には、現況賃料と実質賃料を正しく知っておく必要があります。
しかし、残念ながらそこまで精査して提案してくれる不動産業者ばかりではありません。
弊社では管理会社だから出来る、実質賃料査定や賃貸募集から管理に至るまで 不動産投資に関わる全ての業務をきめ細かいサービスでサポート致します。

アパート・マンション運営の関係費用を明確化!

通常PM、BMの費用は賃料に○%を乗じた一辺倒のサービスが主流となっています。
弊社では長年の管理実績をもとに、募集時、入退居時の費用を予め算出し、物件ごとの 経営計画書を作成してご提案させて頂いております。

オーナー様のお悩みにお応え致します。空室改善リノベーションなら、ロイヤルエンタープライズにお任せください!

煩わしい賃貸管理から、新たな不動産投資まで、全て私たちにお任せ下さい。

賃貸業務の煩わしい業務は一切不要!

賃貸業務の煩わしい業務は一切不要!

入居者募集や契約、集金や督促業務、退去後の原状回復工事、はたまた近隣や入居者間トラブルの対応まで不動産経営に必要な煩わしい賃貸管理業務は、全て私たちにお任せ下さい。
永年培ってきたノウハウと実績でオーナー様をサポート致します。

安定経営も自信があります!お任せ下さい!

安定経営も自信があります!お任せ下さい!

「空室が増えて困っている」、「管理状態が悪くて入居者が見つからない」、「家賃の滞納が増えた」などのお悩みはありませんか・・?
入居者の快適な住環境を形成し、資産形成に必要な「入居者確保」に必要な管理をご提案致します。
もちろん空室の家賃保証や滞納保証サービスも充実しております。
また、ハード面では日々の清掃活動や定期的なメンテナンスを実施して老朽化を防止し、資産価値の維持にも努めます。

ロイヤルエンタープライズの総合力により安心かつ安定の不動産投資を実現。

ロイヤルエンタープライズの総合力により安心かつ安定の不動産投資を実現。

ロイヤルエンタープライズでは、資産運用型不動産の企画・開発から販売・管理まで、一貫して提供することにより、リーズナブルな管理コストを実現しています。また、不動産投資の資金計画を立てる時点で、長期修繕計画やそのための資金計画も計算に入れているので、急なトラブルや出費でオーナー様が困るようなことはありません。
日頃のお仕事が忙しい方でも、安心してお任せいただけます。
また、マンション1部屋ごとの管理ではなく、1棟単位で管理しているので、戸別家賃の下落リスクが軽減できます。

不良資産でお困りではありませんか・・?

不良資産でお困りではありませんか・・?

郊外の遊休地に建築したアパートが老朽化に加え、賃料も低下し収益が悪化してきた・・・
駅前に新しい大型マンションが建ち始め、空室が目立つようになってきた・・・
などのような不採算資産(不動産)を抱えてお悩みではありませんか・・?

「先祖の残した大事な土地だから・・」や、「何とかしたいけど先立つものが・・」などと諦めてしまってはいませんか・・・?
採算の悪くなってしまった不動産を換金して、より優良な不動産への組み換えを検討されてみては如何でしょうか・・。

オーナー様のお悩みにお応え致します。空室改善リノベーションなら、ロイヤルエンタープライズにお任せください!

不動産投資とは?

不動産投資とは、利益を得る為に不動産(資産)に資金を投下する投資方法です。
不動産の購入者は、その不動産を第三者に貸すことで得られる賃料収入(インカムゲイン)と、その不動産を購入した金額以上の金額で売却することで得られる(キャピタルゲイン)という2種類の利益を期待できます。

不動産投資は他の金融商品とどこが違う?

不動産投資は他の金融商品とどこが違う?

金融商品には「リスク」(危険性)と「リターン」(見返り)があります。

株式投資の場合、短期間に激しく価格が変動する場合があり、リスクとリターンは非常に大きなものになっています。 逆に預貯金等はリスクがほとんどない分、リターン(金利)も低くなります。

不動産投資はこの中間に位置します。
不動産には売却価格の下落や、災害等のリスクはありますが、株式投資ほどリスクは大きくなく、リターン(賃料収入)も比較的 安定しています。
預貯金よりはリスクがあるものの、高いリターンが期待できます。

 預貯金株式投資不動産投資
期待される利益金利配当値上がり益賃料値上がり益
最大のリスク金融機関の破綻投資先会社の破綻不動産の倒壊・減失
商品特性ローリスク/ローリターンハイリスク/ハイリターンミドルリスク/ミドルリターン

不動産投資をしているのはどんな人?

購入する不動産を担保にして資金調達できるメリットがあり、まとまった資金を必須としない為自己資金が用意できない会社員の間でも不動産投資は選ばれています。

また、安定収入が見込める為、退職金の運用先や老後の生活資金や、相続税対策等で不動産投資を組み入れる方も増えています。

不動産投資のメリットとデメリットは?

メリット 毎月安定収入が得られる 賃借人が見つかれば、少なくとも契約期間中は安定した収入が見込めます。
売却益を得られる 再び地価が上昇すれば売却益が得られる可能性もあります。
資金調達が容易になる 投資する不動産やそこから得られる収入を担保にお金を借りることが可能です。
デメリット 空室のリスク 空室期間が長引くと、予定していた賃料が得られず計画に狂いが生じてしまいます。物件購入時には地域の賃貸ニーズや周辺物件との競争力などをよく確認してください。
災害のリスク 地震や火災等で建物が倒壊・消失してしまうリスクがあります。保険への加入はもちろん、耐震性・防火性等の確認も必要です。
売却価格下落のリスク 地価が下落することによって資産価値が低下する可能性があります。ニーズの高い人気エリアほどリスクは低くなります。

不動産投資に興味が沸いてきた次はどんな物件があるのか、実際に探してみましょう。

それでもお探しの物件が見つからない方はコチラ・・。

オーナー様のお悩みにお応え致します。空室改善リノベーションなら、ロイヤルエンタープライズにお任せください!

Copyright ROYAL ENTER PRISE, All rights reserved.